2018年10月15日

“風呂は命の洗濯”のエビデンス

片桐先生2.jpg
ある有名アニメの中で「風呂は命の洗濯よ〜」というセリフがありました。疲れた後など、ほんとうにそのとおりだな〜と思いますね。もちろん、世界中どこでも日本のように、ゆったりと湯船に浸かる・・・・・・という国ばかりではありません。格別水事情が悪くなくとも、ホテルの部屋はシャワーだけ、というところも少なくないようです。それはそれで不便というほどではないのだけれど、やはり何か物足りませんね〜とはいえ、私はどちらかといえば“カラスの行水”だから、たとえ立派な“檜風呂”とか“岩風呂”とかでも、大して変わりはないのですが・・・・・・

温泉大国ニッポンでは、昔から入浴の健康に対する効用については各地で言い伝えられてきました。“湯治”という言葉もありますしね。それ以上に日本では入浴は一種の文化でした。もっとも“銭湯の文化”は“時代は遠くなりにけり”ですけど……銭湯文化を歌っている南こうせつさんの「神田川」は今でもよく耳にしますけど、実感がない人も増えているでしょうね。

医学研究の世界においても入浴の効用についての科学的根拠が報告されるようになったのはつい最近のことです。やはりこの分野を牽引するのは日本をはじめとする温泉大国の研究グループです。最近の報告をみますと、まずサウナ浴(sauna bathing)の効果についての報告が国内外からされました(米国心臓病学会誌:富山大学2012、米国医師会雑誌・内科学:東フィンランド大学2015、日本循環器学会誌・英語版;和温療法研究所2016)。なお「和温療法」というのは鹿児島大学名誉教授(現和温療法研究所)鄭 忠和先生が開発された“サウナ浴15分+安静保温30分+水分補給”からなる心不全などに対する日本発の入浴治療法です。これらの臨床研究は、サウナ浴には心血管疾患の死亡率の低下や、心不全患者の運動能力改善などの効果が期待されることが示されています。

では、私たちが日常普通に行っている入浴(hot water bathing)には効果はあるのでしょうか?この観点から研究を行った愛媛大学のグループの論文が最近発表されました(サイエンティフィック・リポーツ 2018)。対象は同大学の“抗加齢・予防医療センター”の人間ドックの受診者873名(平均年齢約66歳、男女比=4:6)で、入浴に関するアンケートを行う一方、動脈硬化指標として「超音波による頚動脈内膜中膜厚」と「上腕足首間脈波伝搬速度」を測定、また「中心血圧(大動脈起始部での血圧:普通に測定する血圧よりも低く、その質も異なっていて、臨床研究の評価項目としてより適正だとする意見があります)」の推定値を橈骨動脈(ふつうに脈をとる場所です)圧波形から求め、さらに心臓負荷の指標として血液中B型ナトリウム利尿ペプチド(BNP:既に心機能を簡便に知る血液検査として定着しています)を測定しています。

さて、結果ですが、一回あたりの入浴時間は最長120分、平均12.4±9.9分でした。1週間あたりの入浴回数最多はなんと24!回(この方は道後温泉近くにお住まいかと推察します)で平均回数は5.8±1.9回でした。湯の温度については熱め(41℃<)は約13%、多くの人は中間温度(40−41℃)かぬるめの温度(40℃>)で入浴していました。入浴の効果について要約すると、「週5回以上の人は、4回以下の人に比べて動脈硬化指標、中心血圧、心臓の負荷、いずれもが低くなる。なお2回以上データがとれた対象者164人でみると、週5回以上の入浴者では経年的変化でも良い傾向がみられる」ということでした。

以上の結果から、効果を期待するなら週5回以上は入浴した方が良さそうです。動脈硬化を遅らせ、血圧を下げ、また心臓に対する負荷を減らせる、となれば値打ちがありそうですね。なお湯の温度については、“熱め(41℃<)”の方が、より高い効果が得られそうなのですが、これについては、著者らは「さらに検討が必要」としています。風呂が嫌いじゃなかったら毎日入浴、で良さそうです。湯の温度については、今のところ個人の好みに合わせれば良いのではないでしょうか。

この入浴に関する研究、日本では大いに発展しそうです。“有○温泉VS草○温泉”とか“天然温泉VS温泉の素”とか・・・・・・でも大規模研究ともなれば時間もお金もかかるからな〜実際にやるかどうかは、温泉にでも浸かってゆっくり考えてからかな。

以上のように“風呂は命の洗濯”はあながち間違いではなさそうです。一方、入浴して“極楽、極楽〜”という良いながらリラックスする、という場面もよく目にするのですが、入浴と心血管病の予後について検討を加えてきた立場から言うと、「極楽」を連呼するのは、いかがなものかと思うので、やはり“命の洗濯”としておきましょう・・・・・・




posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月01日

静かに蔓延しつつある慢性腎臓病(CKD)

片桐先生2.jpg
腎臓は「後腹膜(腹腔の背中側、脊椎の両脇)」に左右1対で存在し、ヒトの体液環境の恒常性維持という役割を担っています。すなわち、@腎臓は人体の水とナトリウム(塩分)の排泄を調節することにより、血液の浸透圧と水分量を一定に保ち、Aナトリウムのみならずカリウムなどのさまざまな「電解質」も適正範囲に維持しています。また、B体内で生じた代謝老廃物を排泄し、C血液における酸塩基平衡を調節しています(血液のpHを一定に保つ働き)。これらの機能を果たすために、腎臓は1日に流入する150Lほどの血液を「腎糸球体」に存在する「ネフロン」という“濾過器”で濾過することにより、必要な成分は再吸収しつつ、流入血液量の百分の一量ほどの尿を作り、それを媒体として老廃物を体外に排泄します。その他の重要な機能としてはD赤血球造血を調節する「エリスロポエチン」というホルモンを産生・分泌しています。このような多彩な機能をもつ腎臓の病気で重要なのは、その原因や病態というよりも“腎機能障害の程度”です。

腎臓の機能は左右合計して約200万個ある「ネフロン」という “濾過器の数”に依存しています。腎臓の機能障害には、さまざまな原因で数時間〜数日のうちに進展する「急性腎機能障害」と“深く静かに発症して長い経過をとる”「慢性腎機能障害」がありますが、健康問題として注意を喚起すべきは後者です。急性なら原因を除去できれば完全に回復することも期待できますが、慢性腎機能障害の場合は、知らないうちにある程度まで腎臓機能が低下すれば、もはや回復は困難となり、腎機能は進行性に低下して「腎不全」に至ります。腎不全がとことん進行すれば、生命を維持するために人工透析(または腎移植)が必要となります。

現在、慢性の経過をたどる腎機能障害の原因としては糖尿病が最も多く、その他高血圧症、糸球体腎炎などが主なものですが、これらを一括して「慢性腎臓病(CKD)」とよんで、早期に発見して腎機能保護を図り、できるだけ腎機能低下の速度を遅くして、最終段階である透析導入を可能な限り遅らせる、という試みが世界中で進められています。CKDを放置すれば透析のリスクが大きくなるのは当然ですが、透析導入前の状態でも心血管疾患や感染症などの罹患率が高くなることが知られています。すなわちCKDは他の重大な疾患の危険因子でもあるのです。しかもCKDはかなり進行するまでは、ほとんど自覚症状がなく気付きにくいという特徴があり、国内外の専門学会でその啓発に本腰をいれているところです。

CKDは、「一定以上の蛋白尿」(“−〜3+”のような定性検査ではなく、“○○mg/dl”のような定量検査での評価が必要です)または「一定以上の糸球体濾過量(上記ネフロンの実力を示します)の低下」が3ヶ月以上持続する状態、と定義されます。その頻度は学会の推計によれば全国で約1,300万人、なんと成人人口の13%に及ぶとされています。なお、今年の7月の国際腎臓病学会プレス・リリースによると、全世界のCKD患者は全人口の10~11%、約8億5千万人とのことです。また、日本人のネフロンの数は欧米人に比べると数が少なく、2/3くらいしかないという報告があり(米国臨床研究学会誌 2017年)、日本人は欧米人に比べてCKDになりやすい可能性があります。

CKDは放置できません。まず第一歩は自分の腎機能レベルを知ることです。そのためには、検診、人間ドック、あるいは診療所、病院で行った検査結果の中の「クレアチニン(Cr、CRNなどと記載してあるかも)」という項目を見て下さい。これは腎機能障害を判断する上で非常に有用性が高い検査です。たとえわずかでも正常範囲を超えていたら無視できませんし、たとえ正常範囲でも、上限に近い値なら油断できません。

次にクレアチニン値の近くに(すぐ下の欄が多いのですが)「推算GFR(eGFR)」という項目が書かれているかどうかを確認してください。もし記載がないなら、ネットで「eGFRの計算式」で検索すると必ずヒットしますので、性別・年齢・クレアチニン値を入力すると「eGFR」が分かります。「eGFR」は腎臓の実力を示す「糸球体濾過量」の推定値です。「eGFR」は「○○ml/分/1,73m2(体表面積1,73m2あたりの値))」という単位で表示されます。これが60未満ならばCKDの可能性があります。まあ、試験に例えたら60点未満で欠点というところです。該当する方は放置しないで、必ずかかりつけ医に相談して、追試(再検査やその他の腎疾患・腎機能関連検査)や指導(食事療法や合併する生活習慣病の治療など)を受けてください。腎臓病の管理は、「一に根気、二に根気、三、四も根気、五も根気」というのが特徴ですが、頑張って下さいね。



posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月15日

地球温暖化を防ぐ食生活とは?!


片桐先生1.jpg
前回が“プラネタリー・ヘルス”、すなわち地球という惑星規模からみた健康問題だったので、今回も視野を広げて・・・・・・ということで論文を探していると、 “食品による環境負荷を減らすには?”という研究がありました(サイエンス誌 2018年6月号)。英国オックスフォード大学とスイスのライフ・サイクル・アセスメント(LCA)の研究所との共同研究です。

環境問題の中心といえば、やはり「CO2排出量と地球温暖化」でしょうね。この問題は元米国副大統領のアル・ゴアさんが主演した2006年の映画「An Inconvenient Truth(不都合な真実)」ですっかり有名になりました。現在の主要先進国の趨勢は“地球環境を守るために化石燃料使用を減らしてCO2排出量を削減し、温暖化に歯止めをかけよう!”ということなのですが、「CO2による温暖化なんてフェイクだ!」という人たちや、あるいは「発展途上国にはCO2を排出する権利がある!」という主張もあって、今でもホットな、というか、ほとんど喧嘩腰の議論が戦わされています。

単なる気象やCO2データの科学的解析だけなら、簡単に結論がでそうなものだけど、そうはいかないのが世の常・・・・・・確かにCO2削減となれば、国や地域によっては死活問題だろうし、政治的・経済的にさまざまな利害関係を持った勢力がこの問題にコミットして問題を複雑化しているようだし・・・・・・おそらく数十年〜100年といった時間がこの議論に決着をつけてくれるのでしょうけど、“時、既にtoo late”だったら困りますね〜

とりあえず今、原稿を書いている私の立場としては、@少なくともここ数十年間、急速にCO2排出量が増加しているのは事実。ACO2(だけではないけれど)が温室効果を持つことも間違いない。Bよって、どれくらいの割合で寄与しているかは別にして、CO2排出が地球温暖化に関与している可能性は除外できない。Cそうなら食生活に関してもCO2排出は減らせるものなら減らす方が良い・・・・・・ということで冒頭の研究に話を戻します。

著者らは、「生産者〜消費者の過程で、食物が環境に与える負荷をどのようにしたら減らすことができるか?」という観点で研究を進めています。彼らは世界中から38,700の農場と1,600の加工工場、包装、小売を調査してデータベース化し、主としてさまざまな食品が製品化される過程で主として排出されるCO2排出量に焦点を当てて解析しています。

研究結果から、食品を生産するのにどれくらいのCO2が排出されるかを紹介しますと、まず蛋白質ですが、豆腐100g生産するときに排出されるCO2量を2とすると、牛肉100g生産に要するCO2排出量は50、以下羊肉20、豚肉7.6、チーズ11、鶏肉5.7、養殖魚6、卵4.2、豆類0.3〜1.2でした。乳飲料1Lの生産では牛乳3.2、豆乳1、でんぷん質1,000kcalでみると米1.2、ポテト0.6、その他果物や野菜などを比べてみても、やはり牛肉など肉類・乳製品の生産が際だって多量のCO2を排出することが分かります。また、肉類・乳製品は人類の消費カロリーの18%を供給しているのだけど、その生産のために農地の83%を占有し、CO2排出原因のうちの60%を占めているそうです。加えて肉類・乳製品の生産は水の使用量と水質汚染、酸性化物質の放出にも大きなウエイトを占めていました。

そこで著者たちはこう主張します。「食物と環境問題を考える時、生産者のできることは限られており、むしろ消費者が果たすべき役割の方が大きい。もし人類が完全なベジタリアンになれば、現在のCO2排出量を半減できるのみならず、世界の農場の75%を自然に戻すことができる、そのうえ、酸性化物質も水質汚染も半減できる」・・・・・・う〜ん、なかなかラディカルな主張ですね・・・・・・

「すごい!これぞ温暖化の救世主!」と言いたいところですが、さすがにちょっと非現実的です(まあ、著者らもそれは分かっているのですが)。仮に温暖化が防げても、人類の生活がとても貧しくなってしまうような気も・・・・・・第一、人類は一度手にいれた“豊かな食生活”は手放せないのではないでしょうか。やっぱり私も肉も卵も食べたいし・・・・・・なんて言っていると「喝!母なる地球を守る気がないのか!」という叱責が飛んできそうなのですが・・・・・・でもね、私も一人の弱い人間なのです・・・・・・(定番の居直り方です)

例えば車や電気製品は“環境に優しいエコ仕様にシフトしよう”という方向にあるけど、その効果たるや、たかが知れたものです(と、この論文の著者らは述べております)。それよりずっと大きなインパクトがある“環境負荷が少ない食生活”について一人一人が考え“CO2排出の少ない食品を選ぶ”という意識を持って努力するべき時が来ているのかも知れませんね。

「そう言うあなたは努力する気あるの?」とお聞きになりたい方もあると思いますが、字数も尽きましたので、その話はまた今度・・・・・・

posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記