2018年06月01日

血液型O型は重症外傷での死亡率が高い?!

片桐先生2.jpg
ABO血液型性格診断なるものがあります。これが根強く流布しているのは日本などアジア地域だけで、欧米などから「非科学的であるうえに、“血液型ハラスメント”の原因にもなる!」として批判されています。私もこの批判には同意しますけど、かつて大統領とファースト・レディが星占いにのめり込んでいた某国には言われたくないな〜と思うのですが……

しかし、性格はともかく、ある種の病気や病態がABO血液型と関連しているか否か?ということになれば、これは「ほぼ間違いなく関連している」と言えます。従来から血液型との関連が示唆されている疾患として、がん、感染症、虚血性心疾患、血栓症などが報告されていたのですが、今回紹介するのは血液型が重症外傷での死亡率と関連するという研究で、東京医科歯科大学からの報告です(クリティカル・ケア誌on line 2018年5月)。

さてABO血液型について、ざっくり説明しますと、すべての人(希有な例外はあるけど)は赤血球表面にH抗原を持っていて、これだけだと血液型はO型になります。このH抗原に「N-アセチルガラクトサミン」という糖が結合すればA型に、「D-ガラクトース」という糖が結合すればB型に、両方が結合すればAB型になります。これらの血液型表面抗原は赤血球のみならず、上皮細胞、血管内皮細胞、血小板などにも発現しているので、生体内で何らかの機能を担っていることは疑いなく、血液型の違いによって、その機能にも違いが現れてくる可能性は十分考えられます。

さて。東京医科歯科大学救命救急部の論文ですが、対象となった患者さんは901名で、外傷部位と程度で決まる「外傷総合重症度(1〜75点でランク付)」で>15点、すなわち入院が必要なレベルの患者さんたちです。血液型の分布はO型32%、A型32%、B型23%、AB型13%で、日本人におけるABO血液型の分布と大きくは違いません。この研究でもっともインパクトのある結果は“すべての原因による死亡率”で、O型以外の血液型での死亡率は11%であったのに対しO型では28%と、明らかに高かったのです。結果に影響を与えそうなさまざまな因子で補正しても、やはりO型は、O型以外と比較して死亡率は2.86倍高い、という結果が得られました。「えっ、ほんとに?!」と言いたくなるような差ですね・・・・・・

なぜ“O型”と“それ以外の血液型”で比べるのか、について少し補足しておきます。まずH抗原が糖で修飾されているか否か、という決定的な違いがあること、また4型に分けると、ABは少数で正確なデータが出にくいし、さらに諸外国ではAB型のみならずB型も少なくてO+Aで90%を越える国が多く、4型に分ける意味はあまりないのです。

さまざまな病気におけるO型vs非O型の違いについては以前からけっこう報告があります。簡単にまとめると、感染免疫学の視点からいえば、O型はマラリアの死亡率が低いがコレラには弱い(医学遺伝学サマリ 2012)、また、がん免疫でみれば、すい臓がんや胃がんのリスクが低いとされています(がんの疫学誌 2015)。一方、血栓・止血学からみるとO型は出血のリスクが高いが深部静脈血栓症や虚血性心疾患のリスクは低いと報告されています(止血と血栓セミナー誌 2012, 2013)。要するに血栓・止血の観点からいえば“O型は血液が固まりにくい”と解釈できます。

今回の救急医学領域のO型の死亡率上昇も、易出血性の観点から議論がされています(ただ輸血量でみると差はないようですが)。確かにO型は非O型に比べると、出血に対応する防御機能である止血システムの初期段階で重要な役割を果す「フォン・ビレブランド因子」の量が25〜30%ほど低く、この因子と密接に関連する凝固第[因子活性(この因子が先天的に欠乏している病気が「血友病A」です)も低いことが知られています。今後さらに洗練されたデザインでの追試が必要ですが、論文の著者らも外傷での死亡率の高さは“O型が出血しやすい”ことに関連していると考えているようです。

ということで、いちおうO型のみなさんは、交通事故などにはくれぐれも気をつけてくださいね。「どう気をつけたら良いのか?」というご質問に答えるとしたら……そうですね〜フォン・ビレブランド因子の量が25〜30%ほど低いので……非O型の人より30〜40%ほどよけいに注意するのが良いかと……ちょっといいかげん過ぎるかな〜

posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記