2017年04月15日

ヒトの脳はふてぶてしいが、打たれ弱い

片桐先生1.jpg

ここ数十年でめざましい進歩を遂げた臨床診断ツールは何かと言えば、やはりそれは画像検査だと思います。最も歴史がある超音波検査は、今やベッドサイドで第二の聴診器として定着していますし、1975年から診療現場に導入されたCT、少し遅れて実用化されたMRIは性能が飛躍的に向上し、診療現場で極めて重要な、そしてしばしば決定的な情報を提供してくれます。

最近のCT、MRIの画質レベルの高さは導入当時とは比較になりません。幕末の写真と現代の最高級デジタル・カメラ画像くらいの差か、ひょっとしたら私の描く鶏(トサカで何とか鶏と判別できるレベル)と伊藤若冲の描く鶏くらいの差があるかも……画質の向上もさることながら、組織の局在とリアルタイムの組織内の細胞活動を同時に検出・撮像する技術も進歩していて、とくに脳機能の解明に威力を発揮しています。なかでも私が興味を持つのは、脳の側頭葉内側の奥まった場所にある一対の神経細胞集団である扁桃体(amygdala:アミグダラ、元々はアーモンドの意、形状が似ています)の機能です。扁桃体は情動や記憶に重要な役割を果たすとされています。そこで扁桃体に関する最新の研究論文を二つ紹介したいと思います。

1本目の論文はロンドン大学のグループが2016年12月に「ネイチャー・ニューロサイエンス誌」に掲載したもので、題して「脳はウソに順応する」……ちょっとすごいタイトルでしょう?論文の冒頭にはこうあります。「推し量るに、多くの不正直な行動は、小さな、だが段階的に増大する偽りの連鎖に遡及できる……」著者らはこれが欺瞞、剽窃、詐欺そして科学分野の捏造など、あらゆる不正直に共通する現象であると述べています。

著者らの実験はユニークです。80名の若者(男性28人、女性52人)を対象に“不正直な行動が経済的実利をもたらす”という一種のゲームを設定すると、しだいに利己的動機による不正直行動は増大していくことが示されました。そこで一部の被験者で、脳の局所の血液酸素飽和度の変動を捉えることができる“機能的MRI”という画像診断機器を用いた検討を加えました。

不正直な行動をとると、最初のうちは情動・感情反応の主座である扁桃体が明らかに反応するのです。ところが不正直な行動が繰り返され、偽りの程度が段階的に増大するにつれて、この扁桃体の反応はどんどん減弱していくことがわかりました。すなわち扁桃体は不正直・ウソに順応し、慣れてきて情動・感情が励起されないようになってきくのです。著者らは、この過程を“あたかも坂道を転げ落ちるように〜slippery slope〜”と形容しています。やっぱりそうなんだ、一度ウソをつくと癖になるんだ……“小さなウソからこつこつと・・・・・・”なんて、笑えませんね〜

2本目の論文はマサチューセッツ総合病院のグループが今年1月の「ランセット誌」に発表したものです。以前から慢性的な情動ストレスが心筋梗塞や末梢動脈疾患などの心血管病と関係していることが報告されていて、ストレスは喫煙、高血圧や糖尿病に匹敵するリスク・ファクターと考えられています。しかしなぜストレスが心血管病に結びつくかは明らかではありませんでした。そこで著者らは、平均年齢55歳、293人を対象に組織の位置情報と活動活性を同時に評価できるPET-CT(脳細胞活動、炎症反応、がん細胞増殖などが検出できます)検査を行い、その後平均3.7年観察したところ、22例に心血管病が発生しました。PETで示された扁桃体の活性は骨髄の活性、動脈の炎症と相関していて、後の心血管病の発生と関連していました。また、13例を対象に心理分析を行ったところ、自覚するストレスの強さは扁桃体活性と動脈の炎症と相関していました。

要するに情動ストレスの持続は扁桃体活動を増強し、それによってホンルモン環境や自律神経系の活動が変化して骨髄の免疫細胞を賦活し、免疫細胞が動脈の炎症を引き起こし、最終的に動脈硬化から心血管病を発症するという図式です。ありそうな話だと思う反面、ちょっとできすぎ、という気もしないではないのですが……

でもこの扁桃体なる脳組織、気になります。情動や記憶の中枢というと、何だか自分自身が扁桃体に操られているような・・・・・・読みも“アミグダラ”って、ちょっと梵語っぽいでしょう? 1本目の論文では扁桃体の“ふてぶてしさ”を感じるのですが、2本目では意外に打たれ弱いというか、ひ弱さが見えるというか……さて、2本目の論文の著者らは、発表したデータを踏まえ、私たちが目指すべきは“心理学的wellbeing”であると述べています。「健康であるためにはいつも心に平穏を」……そんなこと、言われなくとも分かっているわ!


posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179357976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック