2018年01月01日

やっかいな“無症状のインフルエンザ”

片桐先生2.jpg
あけましておめでとうございます。同期のみなさまには恙なく新年を迎えられたことと存じます。もっとも私のように“恙なく”とは言えない方もいらっしゃるでしょうが・・・・・・。

さて今年もインフルエンザの季節がやってきましたね。ここにきて患者さんの数も増えつつあるようです(もっとも、この原稿は11月に書いているので、ほんとうのところは分からないのですけど)。インフルエンザの最大の特徴の一つに強力な伝搬力を挙げることができます。とにかく流行しやすいのです。病院など健康でない不特定多数の人が出入りする場所はとくに注意が必要なのですが、意外にやっかいなのは「軽症・無症状のインフルエンザ患者」です。何しろ本人の自覚がないので、感染源としては、つい“ノーマーク”になりがちなのです。

さて、この軽症・無症状のインフルエンザ、普通のインフルエンザを比べて、どのような特徴があるのでしょうか。本当に感染源になり得るのでしょうか。この問題について検討した研究はそれほど多くありません。その中から、比較的日本に近いエリアで行われ、2017年5月に「臨床感染症(オックスフォード大学出版局)」に発表された論文を紹介します。この研究は2008年から2014年にかけて香港で行われた“地域密着型研究”で、「確実にインフルエンザ(A香港型)と診断された人と家庭内で接触し、研究にエントリーした時には健康であった人」を対象にしています。対象となった人たちに毎日体調・症状の記録をつけてもらって、インフルエンザウイルスの排出状況も調べていく、という方法をとっています。

この方法により家庭内でインフルエンザに二次感染した患者さん235名が特定されました。これらの患者さんは症状によって以下の3群に分類されています。@有症状インフルエンザ(37.8℃以上の発熱、頭痛、筋肉痛、咳、咽頭痛、鼻汁、喀痰のうち、二つ以上の症状がある人)A軽症インフルエンザ(@に挙げた症状が一つだけ認められた人)B無症状インフルエンザ(上記症状が全く無かった人)・・・235名のうち、軽症例は31名(13%)、無症状例は25名(11%)でした。すなわち家庭内で二次感染した人のうち、4人に1人は症状がほとんどないか、または全く無症状だったことになります。

ではこの軽症例・無症状例はインフルエンザウイルスを排出していたのでしょうか。答えはyesでこれらの患者さんもまたウイルスを排出していました。ただし有症状例に比べると、ウイルス排出期間は短く、かつ急速に排出が減少・消失する傾向にありました。結局のところ、軽症例・無症状例のウイルス排出総量は有症状例の10〜100分の1程度でした。

とはいえ、この研究はごく軽症の患者や無症状のインフルエンザ患者においても、少ないながらもウイルスが排出されていて感染源になる可能性を示唆しています。いくらウイルス量が少なくとも、家庭内や閉鎖空間での接触があれば感染が成立する可能性は十分あると思われます。よく「インフルエンザが流行していますので、外出時はマスク着用、帰宅時には手洗い励行してください」という注意が促されますが、家にいてもマスクが必要!?となればちょっと大変です。それに実際のところ、これらの感染対策で軽症例・無症状例インフルエンザによる伝搬がどの程度防げるかについてはよく分かっていません。それを検証するには、かなりの労力と費用が必要なので実施は難しいかも・・・・・・

この研究結果からみても、「インフルエンザ対策は一筋縄ではいかない」と言わざるを得ません。インフルエンザ流行期には病院でも「どこから入ったか分からないインフルエンザの集団発生」がしばしば見られます。ここに軽症・無症状インフルエンザ患者さんが関与していても不思議はない、と思いますし、これらの患者さんがパンデミックに一役かっている可能性は十分ありますね・・・・・・

さて、では何ができるか、ということになると、流行期前のワクチン接種に加えて、流行期の「手洗い・マスク」くらいしか思いつきません。むろんワクチンやマスクの効果を科学的根拠に乏しいとして疑問視する意見もあります。でもね、やはり現時点では“やらないよりはマシ”かな〜しかし海外ではマスク着用の習慣がない国も少なくありません。むしろマスクしていると“怪しい人物”と判断される場合もあるそうな・・・・・・インフルエンザ流行期でも海外ではその国の状況を確かめる方が良いかも知れません。“郷に入っては郷に従え”というやつですね。

では今年もお暇なときにおつきあいください。

posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181677990
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック