2018年02月01日

コーヒー摂取量と健康、結論はいかに?!

片桐先生2.jpg
2015年6月15日付のこのブログで、日本初のコーヒー摂取量と健康についての研究を紹介したのですが、その後もコーヒー摂取量と健康に関する研究論文は多数出版され、その益や害に関する意見もさまざま・・・・・・そこでより正確な結論を得るために、複数の論文のデータを統合して解析する「メタ解析」あるいは「システマティク・レビュー」という手法をとった論文も続々出版されるようになりました。「では、その更に上を行く研究を・・・・・・」となれば複数の「メタ解析」・「システマティク・レビュー」を統合した研究手法があります。これを「アンブレラ・レビュー」といいます。イメージとしては“傘解析”・・・・・・今回はコーヒーと健康に関するアンブレラ・レビュー(英国医師会雑誌2017年11月号)を紹介します。

コーヒーは世界で最も愛飲されている飲物のひとつです。ですからコーヒーが健康に何らかのインパクトを与えるのなら、たとえ個人にとっての影響はわずかでも、世界中で積算される影響は“計り知れない”とも言えます。より深い科学的検討と洞察が望まれるところですが、これは簡単ではありません。なにしろ焙煎したコーヒーに含まれる生理活性物質は何と1,000種類を超え(欧州食品研究技術誌オンライン 2014年10月)、そのいくつかの成分は抗酸化作用、抗炎症作用、抗線維化作用(線維化とは組織の炎症後などに線維芽細胞が増殖して組織が硬くなり機能障害に陥ること〜例えば肝炎後の肝硬変症など)、そして抗がん作用を持つことが知られています。

コーヒーの生理活性物質のうち、その核となるものがいくつか同定されており、カフェイン、クロロゲン酸、ジテルペン、カフェストール、カーウェオールなどが代表的成分で、それらの作用も詳細に分析されています(食物機能誌 2014年8月)。そうは言っても、コーヒーは未焙煎の生豆の状態から焙煎されることによって“化学的変容”を遂げてさまざまな生理活性を示すと考えられています。その過程は複雑で、アラビカ豆かロブスタ豆かによっても違うし、焙煎から抽出に至る方法によっても影響を受けます。生理活性がある限りは、その量によって益と害が生じる割合は異なってくると想像されますが、一定の結論を得るには、大量の文献情報をまとめて解析するしか手はありません。そこでこの「アンブレラ・レビュー」の出番ということになります。

この「アンブレラ・レビュー」の対象となった論文は201編の観察型研究と17編の介入型研究で合計76の知見が報告されていました。コーヒー摂取はおおむね益が害に勝っていて、摂取量は増えれば増えるほど、とはいえないのですが、1日3〜4杯くらいが最も益がでる可能性が高いという結論が得られました。“1日3〜4杯摂取群”と“コーヒーを全く飲まない群”とを比較すると、「すべての原因による死亡」におけるコーヒー摂取群のリスクは0.83(すなわち17%リスク減少)でした。また「心血管病による死亡」リスクは0.81、「心血管病罹患」リスクは0.85でした。がんについては「コーヒー摂取量が多い」と「少ない」群を比べると、摂取量が多い群で18%のリスク低下が認められました。その他にもコーヒー摂取はいくつかの特定のがん、パーキンソン病などの神経疾患、代謝疾患や肝疾患のリスク減少に関係しているという結果も得られました。コーヒー摂取の害については、多くの場合、喫煙という因子で補正すると影響は消失しました。

しかしコーヒーの多量摂取を絶対避けるべき状況があります。それは妊娠です。コーヒーの高容量摂取は低体重出生児や早産あるいは死産のリスクを20〜46%くらい高めるという結果が得られました。コーヒーの成分であるカフェインは妊娠中血中濃度が2倍になり、しかも胎盤を容易に通過することが知られています。おまけに胎児のカフェイン代謝活性は低いので、この結果は重要視すべきです。親しい方に対象の方がおられるなら、頭の隅に留めておいてくださいね。またコーヒー摂取は女性においては骨折リスクを高める可能性があるのですが、男性ではこの傾向は認められず、むしろ逆に骨折リスクが低下します。この点については、もうちょっとデータの積み重ねが必要かと思われます。

さて結論は・・・・・・コーヒー摂取は、妊娠など特別な状況は別にして、健康には悪くはなさそうです。益もありそうです。コーヒー好きの方は引き続き安心して飲んで頂いて良さそうです。しかし女性の骨折リスクなどまだまだ未解決の問題もあるので、コーヒーを飲まない方が、今から飲み始める必要もないと思います。「時々飲むのだけど・・・・・・」という方は、ここはじっくり考えてみてくださいね。まっ、とりあえずコーヒーを1杯淹れて・・・・・・

posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182155575
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック