2018年02月15日

フル・ムーンfull moonはバイク事故のリスク?!


片桐先生1.jpg
「おお、漆黒の闇にひときわ輝く満月、古より人を蠱惑する中天の女神、果たして汝は真の神か、はたまた悪魔か」・・・・・・「どうかしたのか?」とのご心配はご無用です。ついに頭がおかしくなったのではありません。ブログの題材を探していて昨年末の「英国医師会雑誌のクリスマス特集(2017;359;j5367)」のfull moonとバイク(motorcycle)事故関連死亡に関する論文に“有り余る詩心???”が触発されて、ロシア・フォルマニズム(外国文学を専攻されていた方、懐かしい言葉でしょう?)の「言葉の異化作用」を実践してみただけです。

米国では何百万というバイク愛好者がいるそうですが、死亡事故も年々増加しつつあり、最近は毎年5,000人(全交通事故死亡の1/7に相当します)ほどが死亡しているそうです。バイク事故の主な原因のひとつが「一瞬の不注意・わき見」であることは異論がないでしょう。一方、full moonは漆黒の闇のなかではひときわ大きく、美しく輝くので運転中に運転者が一瞬目を奪われれても不思議ではありません。その場合、より不安定なバイクの事故が起こりやすくなる可能性は十分に考えられます。そこでカナダと米国の研究者はfull moonとそうでない夜とでバイク死亡事故の頻度に違いがあるか否かを検証しました。

あるいは同期の方々にもバイク愛好者はおられるかと思いますが、四輪自動車の方が多いだろうし、自動二輪も近場の用事とか買い物程度が多いかな・・・・・・でも場合によってはfull moonで乗り物に乗ることもあるかも知れないし、交通事故は“巻き込まれ”も稀でないので、こういう情報も知っていて損はないと思います。

さて、この研究は1975年〜2014年での13,029件/1,482夜のバイク死亡事故を対象としています。対象とした”night time”は4:00pmから翌朝の8:00amです。結果は月1回のfull moonでは4,494死亡/494夜=9.10/夜、一方、full moonでない夜では8,535死亡/988夜=8.64/夜であり、full moonでは有意差をもって死亡事故が5%増加していました。また年1回の”super moon”ともなれば、さらにリスクは高まり、なんと32%の増加となっていました。この現象は米国のみならず、英国、カナダ、豪州でも認められました。著者らはこの研究では検証できていない様々な交絡因子の存在を考慮して、やや控えめな記述をしていますが、full moonでは事故が起こり易い可能性があることを忘れず、ヘルメットの装着、バイクの整備の徹底、注意深い運転を心がけるなどの注意喚起をしています。

私はやはり月には一種独特の魔力があるように思います。werewolfすなわち狼男・人狼伝説が伝えるが如く、満月にはヒトの精神を高揚させる何かがあるかもしれません。ちょっと話は逸れますが、病院の医師には狼男はともかく、一匹狼は確かに存在します。それもひとつの病院に複数棲息しています。いわば“多発性一匹狼状態”ですね。彼らはご機嫌が悪い時には「がおっ〜」と荒れるのですが、full moonのときに特に荒れやすいか否かについては、残念ながら信頼すべきデータがありません。

話を元に戻します。full moon、super moonともなれば「輝く月に向かってぶっ飛ばそうぜ〜」という極めて高リスクなバイク野郎もいるかも知れません。そうでなくとも、“健常運転者”でも満月に一瞬目を奪われることはあり得ることです。ビルの連なりが一瞬途切れる場所、木々の隙間から月光が差し込む場所などは、とくにバイクにとってはハイリスク・ポイントになるのでしょうね。そういうところで突発的に生じる事故には、正直居合わせたくないですよね〜

やはり満月は家の窓から「月光ソナタ」でも聴きながら心静かに眺めるのが安全だと思います。しかしそのとき、突如顎が変形して、毛がみるみる伸びてメタモルフォーシス(変態)起こす・・・・・・そしてついに「がおおおおっ〜」・・・・・・なんてことはないと思いますが、万一あっても病院・診療所で対応するのは無理ですのであしからず。“フル・ムーン誘発性人狼変態”は保険適応外ですし、そもそもエクソシストの専門領域です。


posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182155602
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック