2018年05月01日

ハエ、マウス、ヒトが共有する体温日内リズム制御機構

片桐先生2.jpg
古来、日本では明と暗が接する時間帯、すなわち黄昏時は“禍々しいもの”に出会いやすいとされており、今も「逢魔時」という言葉が残っています。だけど私は、ふだんの行いが良いせいか、未だに禍々しいものに出会ったことはありません。でもひとつ例外があります。なぜか昼食後のひと時には、しばしば「魔」に遭遇します。言わずと知れた「睡魔」です。

「睡魔」については、想い出したくないことがいくつか・・・・・・かつて不覚にも居眠りして,自分の病院の研修医の先生が学会発表した演題を聴き逃したこと、重要な会議(差し障りがあるので具体的には書けませんが、病院外で開催される公的行事で、途中で居眠りするなど言語道断の会議です)でつい寝入ってしまって、病院から一緒に来ていた隣席の人に足を蹴飛ばされて起こされたこと・・・・・・後者の場合、あろうことかイビキもかいていたらしいです。もちろん自分では「記憶にございません」なのですけど。

さてこの睡魔なるもの、実体は「体温の日内リズム」に由来するとされています。動物にはこのリズムによって体温を下げて休息・睡眠に導く、というメカニズムが備わっています。ヒトも同じメカニズムが働いていて、まず血流が増加して温かくなって放熱し、体温を下げて眠りに誘う、というシステムです。小さい子が眠る前に手足が温かくなるのもそうですね。しかしこのリズムを制御する仕組みについては明らかではありませんでした。

ところが最近、京都大学とシンシナティ小児病院の研究者らが、動物に普遍的に存在する「カルシトニン受容体」が変温動物である昆虫(ショウジョウバエ:この種ではカルシトニン受容体ではなく「DH31受容体」という名称ですが、同じものです)と恒温動物であるマウスに共通した体温日内リズムの制御に関わっていることを明らかにしました(「ジーンズ& デベロップメント誌」 2018年 2月号)。昆虫とマウスが進化系統樹上で分離するのは約6億年前とされていますので、この「カルシトニン受容体」による体温リズム調節機構は少なくとも6億年以上の歴史があると考えられます。むろんヒトもこのシステムを共有しているのです。

カルシトニン受容体を発現する神経細胞は、哺乳類では視交叉上核に存在します。視交叉上核は脳の視床下部の一角の狭い場所にあります。ざっくり言えば、眼と眼の間の奥の方・・・・・・このあたりには、生体のさまざまな日内リズムを司る中枢が集まっているところです。いわば体内時計の集積所みたいな部位なのですが、さまざまな生体リズムがからみあって、相互に影響しながら、個としての生命体のリズムが作られていくと考えられています。どうです?昼間に眠くなると、つい眼と眼の間をごしごし擦りたくなりませんか?

今回の研究で実験対象として用いられているのも「ショウジョウバエ」です。「ショウジョウ」というのは漢字では「猩猩」、ヒヒのような伝説上の生き物ですが、ショウジョウバエは眼が赤くて、お酒に寄ってくるところが「猩猩」に似ているので、この名がついたようです。伝説の生き物に似ている・・・・・・と言われてもね〜見たことないし。

名前の由来はともかく、「ショウジョウバエ」ほど、生物学研究に貢献している生き物はいません。その歴史はもう100年以上にもなります。「ショウジョウバエ」が実験動物として用いられる分野は、遺伝学、発生学、生理学、行動学、進化学・・・・・・などなど広範囲に及びます。昨年ノーベル医学生理学をとった「体内時計」の研究にも使われていました。体温日内リズムも体内時計システムの一環だから、「ショウジョウバエ」が使われて当然なのかも・・・・・・

体長2-3mmの「ショウジョウバエ」と「ヒト」が遺伝子を共有して、その歴史が何億年、と言われたら、ただただ「すごいな〜」という他はないですが、これを思えば、やはり「眠気を根性で振り払ってむりやり眼を覚ます・・・・・・」というのは無理ですね。なんたって、進化の歴史の重みに一個人が抵抗できるわけはありませんから。

というわけで、過去の私の苦い想い出も、すべて“不可抗力という言い訳の海”に流してしまおうと思うのです。

posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182983293
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック