2018年07月15日

我が内なる海、マイクロビオーム


片桐先生1.jpg
ヒトは無数の細菌・微生物と共生しています。ヒトの全構成細胞数は約40〜60兆個とされていますが、体内に住む細菌・微生物は約200種、その数、実に数百から千兆個と考えられています。これらの細菌・微生物群は「マイクロビオーム」とよばれ、ヒトの細胞・組織と情報伝達を行いつつ、ヒトの「健全な恒常性維持」に重要な役割をはたしています。「マイクロビオーム」の異常が多くの疾患の発症・進展に関わっていることは、もはや疑いなく、マイクロビオームの大票田である腸内細菌叢を中心に精力的に研究が進められています。ある種の疾患では “健常者からの便移植治療!”が行われており、一定の効果をあげています。

マイクロビオームはしばしば外界からの影響をうけるのですが、その代表的なものに抗生剤の投与があげられます。抗生剤は細菌感染症の治療に必要不可欠ですが、過度な抗生剤使用は、抗生剤が効かない「耐性菌」の出現に繋がります。時には現在使用できる、ほぼすべての抗生剤が効かない「多剤耐性菌」が院内感染の形で集団発生し、治療に難渋することも稀ではありません。

そうは言っても、抗生剤治療は現在、もっとも有効な治療手段のひとつです。しかし抗生剤はたとえ適切に投与されても「マイクロビオーム」に一定の影響を及ぼすはずです。その場合、いったいどんなリスクがあるのでしょうか。

個人レベルの抗生剤投与による短期的影響として、欧米では「退院後90日以内の敗血症リスク」が注目されています。敗血症とは細菌感染が血流に乗って全身に広がり、重大な臓器障害を引き起こしている状態で、致命率も高い危険な病気です。ある米国の研究報告では、43,095人を対象として「感染症に関連しない入院」「感染症に関連する入院」「クロストリジウム・ディフィシル感染症(強力な抗生剤治療のあと“マイクロビオームの撹乱=菌交代現象”によって増殖し重篤な腸炎を引き起こします)による入院」の三つに分けると、退院後90日以内の重症敗血症の発症率はそれぞれ、4.1%、7.1%、10.7%でした。また退院後90日以内とそれ以降の期間での重症敗血症発症率を比較すると、退院後90日以内では3.3倍高いという結果がえられました(米国呼吸器集中治療医学雑誌 2015)。

まあ、ちょっと退院後90日以内の敗血症発症率が高すぎるような気がしますけど、“感染症による入院”→“抗生剤治療”→“マイクロバイオームの撹乱”→“退院後の敗血症”という図式は成立します。そこで最近報告された「米国疾病防疫センター(CDC)」のグループは抗生剤投与と退院後90日以内の敗血症の発症についての大規模研究を見てみましょう(臨床感染症 2018 年4月号)。

この研究の著者らによれば、516病院のデータからのべ約1,275万件!の退院事例について調査したところ、0.17%の患者が退院後90日に重症敗血症または敗血症ショックを発症していました。入院中に投与抗生剤が投与された患者をマイクロビオームに対する影響の大きさによって、“高リスクの抗生剤が投与された患者”、“低リスクの抗生剤が投与された患者”、“極小リスクの抗生剤が投与された患者”の三群に分けると、高リスク抗生剤投与群では抗生剤非投与群に比べて敗血症が65%増加していました。 一方、低リスク、極小リスクの抗生剤の影響は小さかったようです。

なお、著者らが定義したマイクロバイオームを撹乱しやすい“高リスクの抗生剤”には、主として現在非常によく使われている、強力で広い範囲の細菌に効果がある「最新・最強の抗生剤グループ」が含まれ、 “低リスク”は30〜40年前から使われてきた「長く使われているが今も有用な抗生剤」です。“微小リスク”には「最古の抗生剤であるペニシリンと投与経路の組織移行の特殊性から考えてほとんど腸内細菌に影響しない薬」が含まれます。

いずれにしても抗生剤投与は必要最小限として、できるだけ「マイクロバイオーム」を乱さない方が無難のようです。そして入院で抗生剤投与を受けたときには、退院して少なくとも3ヶ月は体温くらい計っておいた方が良さそうですね。

かく言う私も、最初の入院は5年前 20日ほどでしたが退院後2ヶ月で敗血症を発症して緊急入院しました。確かに初回入院時に使った抗生剤は“高リスク”の薬剤だったような……もちろん退院後体温は毎日計っていましたよ。それでこれはやばい、と思って、119をコールして救急車に来てもらいました。医師としては何度も乗っていますが、むろん患者としては初めてでした……まあ、乗り心地は悪い、サイレンはうるさい(文句言っている場合じゃないですけど)、なによりも恥ずかしい……あの経験は一度でこりごりです。



posted by みみずく at 06:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183870030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック