2018年09月01日

pm2.5による大気汚染と糖尿病

片桐先生2.jpg
糖尿病ネタが続きますが……“大気汚染”は世界レベルでみても極めて重大な健康リスクであり、その評価と対策は喫緊の課題(お役所的表現!)です。大気汚染と他のリスクと比べてみると、ヒトが自らの文明発展と引き替えに地球環境を変えてしまったツケを払う……という構図が特徴的だと思うのです。大気汚染の中で最も注目されているのは、かの有名な微小粒子「pm2.5」です。

pm2.5による大気汚染と健康リスクについては、既に多くの研究がなされていて、心血管病、呼吸器疾患、腎臓病など多くの、いわゆる“非感染性疾患”の罹患リスクを上昇させることが知られています。また、最近では糖尿病罹患リスク上昇が注目されているのですが、いったいどの程度のリスク増加を来すのかについては明らかではありませんでした。

そこで米国ワシントン大学のグループは、登録時点で糖尿病の病歴のない退役軍人約173万人をデータベースから抽出し、中央値で8.5年にわたって患者情報と環境情報を観察した結果を解析しました(ランセット・プラネタリー・ヘルス誌 2018年7月号)。さまざまな因子で補正して統計処理を行ったところ、pm2.5が10μg/m3増加すると「糖尿病の罹患リスク」が15%上昇し、「すべての原因による死亡リスク」は8%上昇しました。この上昇が偶然によるものではないことを検証するためのひとつの方法として、pm2.5とは関連がないと考えられる「下肢骨折発症率」を対象として検討したところ、pm2.5が増加しても下肢骨折発症は全く増加していませんでした。一方、大気中のpm2.5の対象として大気中のナトリウム濃度と糖尿病との関係について検証してみると、両者の間には全く相関は認められませんでした。著者らは、これらのデータに基づき、2016年の全世界の糖尿病罹患患者のうち約320万人(24%)はpm2.5によるものと推論しています。

このpm2.5による糖尿病リスク、わずか2.4μg/m3あたりから増加し始め、10μg/m3では上記の如く明らかに増加します。そしてこのpm2.5レベル、毎日ネットにアップされる“全国各地、現在のpm2.5情報”をみると、いかに低いレベルで糖尿病リスクが増加するのかがわかります。この原稿を書いている時点(7月12日の午後)の大阪府全体の平均値は15μg/m3ですが、定点観測値のデータをみると「浜寺」は45μg/m3、「深井」は29μg/m3でした。“この日はpm2.5が少ない日”とのことでしたので、“普通の日”や“多い日”はもっと高くなって、軽く数十μg/m3を超えているのでしょう。なお環境省が公表しているpm2.5に関する基準が「年平均15μg/m3以下、1日平均35μg/m3以下が望ましい」ということですので、糖尿病罹患リスクを上昇させる10μg/m3の増加という現象は“注目もされない日常茶飯事の出来事”とことになります。

そこで著者らは「今の基準は甘過ぎる。基準を緩めようとするロビー活動もあるが(やはり規制緩和を求める人たちも少なくないようです)、もっと厳しくすべき」と考えているようです。私も「おっしゃるとおり!」と言いたいのですが、だったらどうしたら下げられるのか?となるとかなり疑問符が……文明の質というか、パラダイムそのものをシフトしないと無理なような気も……要するにグローバルな視点で大気汚染を考え直して国際協調、ということが必要なのでしょうけど、うまくいった国際協調なんて最近見たことないからな〜

なおpm2.5と糖尿病発症のメカニズムですが、pm2.5のような化学活性物質や酸性化物質を含む微小粒子を肺から吸入→肺胞で慢性炎症惹起(当然呼吸器疾患も起こります)→炎症は全身性反応として広がる→炎症状態によってインスリンが効きにくくなる(インスリン抵抗性)→糖尿病リスクが高まる、ということは十分あり得る話です。

さて、ここで「pm2.5は糖尿病リスクを高める、では既に糖尿病に罹患している患者に対するpm2.5の影響は?」という問いを立てることができます。これについては少し前に論文がでていて「長期間高いpm2.5にさらされた、とくに女性の糖尿病患者では心血管病と脳卒中リスクが44%ほど上昇する」と報告されています(米国心臓協会誌 2015年11月号)。この論文の著者らは、糖尿病患者は毎日pm2.5値をチェックして高い日は外出を控えたほうが良い、と述べています。それもまた大変な話ですが、確かにpm2.5は粒子サイズからみて、ハイ・レベルの作業用・医療用マスクでないと防げない(しかし装着していると息苦しい)ので外出しないほうが現実的かも……

さて、話が“プラネタリー・レベル”から急に小さくなって恐縮ですが、結論としては「pm2,5値の高い日は不要不急の外出を控える」という“荒天時の気象庁発表注意喚起”に準じた対策でいかがでしょうか。
posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184013020
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック