2018年11月15日

便潜血でわかる健康リスク〜大腸がんだけではない

片桐先生2.jpg
便ヒトヘモグロビン検査、通称“便潜血”は大腸がんスクリーニングとして世界中で普及しています。検診で便潜血を行うことにより、大腸がん死亡率を低下させることができ、しかも検査自体にはリスクがなく、最も優れた“がん検診”のひとつと言っても過言ではありません。

便潜血が陽性であれば、必ず全大腸内視鏡検査が必要です。検診での便潜血陽性率は4〜5%くらいと報告している施設が多いのですが、全大腸内視鏡を行うと、陽性者のうちの2%くらいに大腸がんがみつかるとされています。では、もし大腸内視鏡で異常がなければ、「ラッキー、もう大丈夫」と言って良いのか、というのが今回のテーマです。どうも話はそう簡単ではないようです。

最近、英国スコットランドのグループが「便潜血陽性は“大腸がんの死亡率”のみならず、“すべての原因による死亡率”と“大腸がん以外の原因による死亡率”にも関係している」と報告しました(「ガット(腸)誌」2018年7月号)。彼らは2000年3月〜2016年3月に便潜血検査を受けた134,192人(女性53%)を対象に便潜血の結果と死亡原因との関係を調査しました。対象者のうち2,714人(約2%)が便潜血陽性でしたが、男性の陽性率は2.6%、女性は1.5%、と男性で陽性率が高く、また年齢が高いほど陽性率が高い傾向にありました。また便潜血陰性者の約18%、陽性者の約29%が、アスピリンなどの出血を来しうる薬剤を処方されていました。2016年末の観察終了時点で便潜血陰性者の9.6%、陽性者の21.9%が死亡しており、死亡時平均年齢は陰性者で71歳、陽性者で70歳でした。

さて、問題となる原因別による死亡リスクですが、結果に影響し得るさまざまな因子について補正を行って比較すると、便潜血陽性者の大腸がん(正確には結腸直腸がん)による死亡リスクは陰性者に比べ高く、7.79倍と算出されました。便潜血陽性者には進行大腸がん、あるいはがんが発見され、その治療後に再発した大腸がんの患者さんが多数含まれているはずですので、当然予想された結果です。

次に著者らは“すべての原因による死亡率”で便潜血陽性者と陰性者を比較しているのですが、この比較でも陽性者は陰性者に比べて1.76倍高い、という結果でした。しかしこの結果には“大腸がんによる死亡率の高さ”が影響しているはずです。そこで検討すべきは“大腸がんを除くすべての原因による死亡率”です。ところが、これについても便潜血陽性者は1.58倍の死亡リスクがあるという結果でした。さらに“すべての循環器疾患による死亡”でくらべてみると、やはり便潜血陽性者の死亡率は陰性者に比べ1.28倍高いという結果が認められました。同様に“呼吸器疾患による死亡率”では1.96倍、“消化器疾患による死亡率”では3.36倍、“神経精神疾患による死亡率”では1,66倍、“血液・内分泌疾患による死亡率”では2.06倍と、実に多彩な疾患において、便潜血陽性者の死亡リスクの上昇がみられたのです。

確かに便潜血陽性者は陰性者と比較して、大腸がん以外の病気に罹患している確率は高いと思われます。この論文の対象者をみても、アスピリンやその他の出血しやすくなる(同時に血栓ができにくくなる)薬剤(抗凝固剤や抗炎症剤)を処方されている人の比率は便潜血陽性者で多かったのです。心血管を主とした血栓性疾患や炎症性疾患の罹患者が少なくなかったと推察されます。血栓のできやすさは多くの心血管病につながりますし、炎症は死亡につながるような多くの病気の原因や増悪因子になり得る病態です。やはり“便潜血陽性”という状態はいろいろな意味からも多種多様な健康リスクをはらんでいる、と言っても過言ではないかも知れません。

では便潜血陽性で大腸内視鏡に異常がなければ、どうしたら良いでしょうか。
少なくとも大腸の非がん病変も、もしあれば見つかると思います。あとは高血圧、肝腎機能、脂質、血糖関連検査をよく見て下さい。基本的な炎症マーカーであるCRPの値があれば有益です。きっちり見た上で、かかりつけ医がおられたらぜひ相談してみて下さい。要するに健診項目をみる場合は、すべての項目を“気合いを入れてみる”のが良いかもしれません。単なる流し読みは読まないより悪いのでご注意を!チコちゃんに「ボーと生きてんじゃねえよ!」と叱られますよ(意味が分からない人は「チコちゃん・NHK」で検索してくださいね)。

posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184935775
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック