2019年01月01日

アスピリン“百年の夢”はうたかた!?

片桐先生2.jpg
あけましておめでとうございます。今年もお暇なときに、このブログを読んで頂けたら嬉しいです。

アスピリンは最も古く、かつ最も頻用されている薬のひとつです。ドイツ・バイエル社が鎮痛解熱剤として販売を開始したのが1899年、今年で120年になります。発売当初から、その切れ味鋭い効果で世界を席巻しました。1970年代には少量投与で血小板凝集抑制作用をもつことが明らかとなり、現在では脳梗塞や虚血性心疾患などいくつかの疾患で血栓再発抑制の標準治療薬となっています。さらに近年、アスピリンは大腸がんをはじめとする様々ながんの発生率を低下させる可能性があることが報告され(ランセット誌 2010~2012)、アスピリンで心血管病のみならず、がんも予防できるのではないか、という期待がふくらみました。

「再発予防」(二次予防)から一歩進んで、“未だ病気を発症していない人を対象にして、薬を投与し、発症を未然に防止すること(一次予防)を「化学予防」といいます。心血管病やがんなど、頻度が高く健康に重大な影響を及ぼす病気がターゲットになります。むろんリスクが高い人を対象として投与するのが一般的ですが、効果が確実であれば、すべての健康人を対象にすることも考えられます。       

用いられる薬は長期間服用することが前提となるので、副作用が軽微ないしコントロール可能であること、そして安価なことが条件となります。この条件に合う薬剤としてアスピリンとコレステロール降下剤であるスタチンが考えられます。価格面ではアスピリンが1日投与量で約6円、スタチンはその数倍ですのでアスピリンに軍配が上がります。そこでアスピリンは“人類の健康寿命を延ばす夢の薬”かも知れないという期待が高まりました。

ここでアスピリンがどうして効くか、について簡単にふれておきます。アスピリン、化学的には「アセチルサリチル酸」という物質ですが、この薬には強力な生理活性物質である「プロスタグランジン(PG)」の生成を阻害し、PGによる炎症を抑制し、その結果発熱や痛みを和らげます。またアスピリンは少量投与で止血・血栓形成の最初の重要なステップである血小板の凝集を抑制します(同時に“出血しやすくなる”という問題が生じます)。心血管病の再発抑制には血小板凝集抑制作用が深くかかわっているのですが、がん抑制効果については、炎症抑制作用が関係している可能性が示唆されています。

ところが昨年10月、臨床系医学雑誌の最高峰である「ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に4編の論文が同時に掲載されたのですが、これがなんと“アスピリンの夢”を“ちゃぶ台返し”するような結果だったのです。

これらの論文のうち、3編は米国・豪州の共同研究で、同じ対象集団について三つの異なった観点から解析を行っています。対象は70歳以上(米国の黒人とヒスパニックは65歳以上)で心疾患、認知症、身体障害のない人19,114名で、アスピリン100mgと偽薬にランダムに割り付けられています(アスピリン群9.525人、偽薬群9,589人)。

3編の研究結果を要約しますと;@健康な高齢者においてアスピリンは“障害のない生存期間”を延長できるか?→観察期間4.7年で、すべての原因による死亡(全死亡)、認知症、持続性の身体障害、いずれも両群で差はなかった。A健康な高齢者においてアスピリンは心血管イベントを防げるか?→心血管イベントのリスクは両群で差はなかった。重大な出血のリスクはアスピリン群で38%増加した。B健康な高齢者においてアスピリンは全死亡を減少させ得るか?→逆にアスピリン群で全死亡リスクが14%高かった。高くなった原因の主たるものはがんによる死亡であった。

もう惨憺たる結果ですね〜とくにがん死亡までが増加するとは・・・・・・
著者らもこの意外な結果に「解釈は慎重に行う必要がある」と、ちょっと腰が引けています。現時点では健康な高齢者を対象としたアスピリンの一次予防は、 “時期尚早”と思われます。

なお、4つめの論文は異なるグループの研究で、「心血管イベントを未だ発症していない糖尿病患者を対象としたアスピリンの予防効果」を検証したものですが、これによるとアスピリン群では偽薬群に比べ、糖尿病患者の心血管イベントは12%抑制されるものの、重大な出血が29%増加するため、益は害で相殺されてしまう、という結果でした。

念のために繰り返しますが、脳梗塞・心筋梗塞など心血管病を既に発症した患者さんにおけるアスピリンの再発予防効果は確立しています。でも、「では先手をとって発症する前にアスピリンを投与・・・・・・」というのは今の段階では難しい、ということです。

アスピリンの夢、見込みありそうだったけどな〜小椋佳さん作曲、阿久悠さん作詞の名曲「古城の月(1987)」にあるように、「夢は砕けて夢と知り・・・・・・」となるのかも。




posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184935857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック