2020年01月15日

楽天主義の人は罹患リスクが低く長生きする?!

片桐先生1.jpg

あなたは楽観主義ですか?それとも悲観主義?・・・・・・と言われても、何をもって楽観主義、悲観主義とするかですが・・・・・・ここは30年以上前からこの“楽観主義という心の有り様”が健康に良い影響を与えると説くマイアミ大のチャールス・S・カーバー教授の提唱する定義(ジャーナル・オブ・パーソナリティ ワイリー出版 1987年6月号)に従って“未来に良いことが起こると期待する”のを楽観主義、逆に“未来に悪いことが起こると気を病む”のを悲観主義としておきます。

この楽観・悲観主義という心の有り様(欧米ではしばしばマインドセットと表現されます)、意外と臨床疫学の分野で注目されています。これらは単なる精神的な性向と思われがちですが、以前からネガティブな感情や慢性ストレスが心血管病など身体的な健康に関連するという報告があり(米国心臓病学会誌 2005年3月号)、これを“修正可能な危険因子”として捉えて、さまざまな研究が行われています。マインドセットもまた修正可能だと考えるところがまさに欧米人らしい“楽観主義”ですね。

しかし楽観主義が体に良い影響を与えるとなれば、そうなるべく努力してみるのも一興です。ではどの程度の“御利益”があるのかということで、最新の研究論文をふたつほど紹介しましょう。まずニューヨークのマウント・サイナイ・聖ルカ病院の研究者らによるシステマティク・レビュー&メタ解析論文です(米国医師会雑誌・ネットワーク・オープン 2019年9月号)。

著者らはデータ・ベースを検索して楽観主義と心血管病罹患リスク・すべての原因による死亡との関連を研究対象にしている論文15編(がんリスクを対象とした研究は除外)を抽出しました(対象者総計 229,391人)。15編のうち心血管病リスクを検討していたのは10編、全死亡リスクを検討していたのは9編で、平均観察期間は13.8年(2〜40年)でした。

すべてのデータを集積して解析したところ、楽観主義の程度が高い人では心血管病リスクは35%低く、全死亡リスクも14%低くなっていました。ただし論文間での結果のバラツキは小さくはありませんでした。ここで言う“楽観主義の程度が高い人”とは、多くの論文では性格を判断する質問紙法の点数によって対象を3ないし4群に分けて、最も悲観的なグループを基準にして最も楽観的なグループの相対リスクを検討しています。

この質問紙法、最も多くの論文で採用されていたのが「改訂版ライフ・オリエンテーション・テスト(LOT-R)」というもので、冒頭で触れたカーバー先生らが発表したものです(臨床心理学レビュー誌 エルゼビア出版2010年11月号)。日本におけるこの分野の専門家である筑波大学の外山美樹準教授によれば、このLOT-R、日本語版もあるようですが批判も多く(心理学研究 2013年 第84巻 第3号)、外山先生らは楽観主義にも(そして悲観主義にも)二面性、すなわち功罪の面があることに注目されているようです。全くそのとおりだと思うな〜

ともあれ、楽観主義は全死亡リスクやがん死亡リスク低下に繋がるとする研究報告はあったのですが(米国疫学会雑誌 2017年5月号)、今回紹介した論文は、悲観主義が修正可能な、あるいは修正すべき心血管病リスクの危険因子であることを示したという点で意義があります。

でも・・・・・・とくに切迫していないニュートラルの状況であればいざしらず、客観的に厳しい状況で楽観主義を貫くのは危機管理の観点からいかがなものか、と思わないではありません。しかし現在までに蓄積されているエビデンスから考えると、やはり楽観主義の方が健康や疾病対策には有利のようです。では、ほんとうに楽観主義者の方が長生きするのでしょうか?

この観点から研究を行ったのがボストンのグループです。かれらは米国の女性看護師と男性退役軍人のデータデースを用いて、マインドセットと寿命の関連を調べたところ、最も楽観的な人は悲観的な人に比べると85歳以上生存する可能性が約15%高いという結果がでました(米国科学アカデミー紀要 2019年9月号)。

同じ状況でも、ある人は楽観的に、またある人は悲観的になる、というのは不思議な気がします。19世紀を代表する詩人・作家であるオスカー・ワイルド氏は“The optimist sees the doughnut, the pessimist sees the hole.”(楽天主義者はドーナツを見て、悲観主義者は穴を見る)と言ったそうです。そうか、ドーナツの穴を見たらダメなんだ・・・・・・

突然ですが古い唄を思い出しました。クレイジー・キャッツ・植木等さんの「だまって俺について来い(曲 萩原哲晶、詞 青島幸男:1964)」です。“銭のない奴ぁ俺んとこに来い!俺もないけど心配するな。見ろよ、青い空〜白い雲〜そのうち何とかな〜るだろう♪”

まさに前途に対する無根拠かつ過剰な期待、これぞ究極の楽天主義であり、ひょっとすれば最も低リスクの生き方なのかも知れません。

posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月01日

がんサバイバーの心血管病のリスク


片桐先生2.jpg

あけましておめでとうございます。2020年は子年で閏年、高校卒業後51年目に突入ですね。このブログ、今年もお暇なときに読んでいただけると嬉しいです。

昨年の11月から12月にかけて3回ほど、ガチガチの臨床ネタから離れて半雑学的なネタを書きましたが、またシリアスなネタに戻りたいと思います。半雑学もそれなりにシリアスなのですけど・・・・・・

「がんサバイバー(cancer survivor)あるいはがんサバイバーシップ(cancer survivorship)」という言葉、お聞きになったことがあるでしょうか?サバイバーという単語、つい「サバイバル(survival)」を連想するので、「がんを克服した(治った)人」と思われがちです。確かにそういう意味で使われることもないではありません。実際、この言葉は世界的にみて、異なった定義で使われてきた経緯があります(ランセット誌・腫瘍学 2015年)。

1986年設立の全米がんサバイバーシップ連合は「がんと診断されてからの全経過を生きるがん患者」をキャンサー・サバイバーと定義しています。米国国立がん研究所はさらに定義を拡大して、がん患者の家族・友人・介護担当者まで含んで患者の身体的・精神的・社会的なケアのあり方を模索するスタンスをキャンサー・サバイバーシップとしています。一方、欧州がん研究・治療機構はがんと診断されて初期治療が終了して(維持療法の有無は問わない)、現在活動的ながん病変がない人をサバイバーとしています。欧州の定義は医学的には明確ですが、ちょっと狭すぎるかも知れません。

定義を広げれば、より大きな枠組で医療やケアを考えることができるのですが、その一方で治療・ケア目標が散漫になる嫌いがあります。かといってあまり定義を厳密にすると結果的にはその分野の矮小化に繋がります。最近の趨勢では、がん経験者に対する身体的、精神的、社会的ケアを継続して提供することを重視する観点から、現在の治療の有無にかかわらず「がんを経験した現在生存中の人すべて」を「がんサバイバー」とすることが多いようです。

今や日本では、二人に一人は一生のうちに一度はがん罹患し、昨年8月の国立がん研究センターの発表によれば、がんと診断された人のうち、5年以上生存する人が約67%に達しています。世界的にみても、先進国では診断後ほぼ半数の患者が10年以上生存すると考えられています。これらのがんサバイバーは、がんの増悪・再発以外でも一般の人とは異なるリスクを持つ可能性があります。そのうちのひとつに「心血管病のリスク」が挙げられます。

最近、疫学研究の名門、英国のロンドン大学衛生熱帯医学大学院のグループが
成人の20部位のがんサバイバーを対象とした中長期にわたる心血管病リスクについての論文を発表しました(ランセット誌 2019年)。この研究では1990〜2015の期間で20部位のがんについて、診断から1年以上生存した18歳以上のがんサバイバー108,215人とがん以外の条件をマッチさせた対照となる人523,541人を比較検討しています。

さて結果ですが、深部静脈血栓症(片側の下肢の腫脹・疼痛、臥床や骨盤手術後や航空機搭乗時の不動で起こる。運が悪いと肺塞栓を起こすこともある)は、20のうち18部位のがんサバイバーでリスク増加がみられましたが、その程度はがんの部位によってかなり異なっていました(前立腺がん1.72倍、肺がん5.25倍、膵臓がん9.72倍)。診断から時間が経過するとともにリスクは低下しましたが、それでも診断後5年目でも有意のリスク増加が持続していました。また20のうち10の部位のがんで心不全あるいは心筋障害のリスク増加がみられました(血液がん1.94倍、食道がん1.96倍、肺がん1.82倍、腎臓がん1.73倍、卵巣がん1.59倍など)。

その他、さまざまな部位のがんで不整脈、心膜炎、冠動脈疾患、脳卒中、心臓弁膜症のリスク増加がみられたのですが、脳卒中のリスク増加は脳腫瘍で顕著でした(4.42倍)。心不全、心筋傷害、深部静脈血栓症のリスク増加は、比率でいえば心血管病の既往のない若年がんサバイバーでより大きかったのですが、生じた心血管病の絶対数でみると、最も関連が深かった要因は加齢であり、二番目に関連が深かった要因は化学療法を受けたことでした。

従来から深部静脈血栓症とがん罹患が深く関連していることはよく知られているのですが、そればかりではなく、がんサバイバーではさまざまな心血管病のリスクが増加するようです。がんの予後を改善するには、がんそのものの治療のみならず、心血管病についても目配りしておく必要がありそうです。がんのような大きな病気をすると、つい他の健康問題がおろそかになりがちです。ご注意くださいね。
posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年12月15日

脳内の獏、MCH産生神経細胞が夢を食べる

片桐先生1.jpg

「獏(ばく)」という伝説の超自然的存在、ご存じでしょうか?何でも“夢を喰う”のだそうです。悪夢を好んで食べてくれるという話もあるので、悪いヤツじゃなさそうな・・・・・・
さて、この“ナイトメア・イーター”、ほんとうにヒトの脳にも棲んでいるのかも知れませんよ。

メラニン凝集ホルモン(MCH)なる物質があります。この小さなペプチド(アミノ酸が何個か結合したもの)、もともとは魚類で発見され、皮膚にあるメラニン産生細胞を凝集させて体色を白く変化させる作用を持っています。このMCH遺伝子、哺乳類でも種を超えて広く保存されているのですが、哺乳類ではもはや体色を白くする作用はなく(あったら美白商品として通販で売れるのにね〜)、その働きは長らく謎だったのです。MCH産生神経細胞(以下MCH神経)はマウスでは視床下部外側野に限局していることが分かっていて、主としてマウスを使った動物実験でその機能が研究されてきました。

最初に注目されたのはMCHと摂食行動との関連です。MCHは視床下部による摂食行動調節に深く関わっていると報告されました(ネイチャー誌1996年、同1998年)。しかしMCHの機能は、どうもそれだけではなかったようです。最近注目されているのは、睡眠・覚醒調節ホルモンとしてのMCHです。

このMSHと睡眠・覚醒調節というテーマについて精力的に研究を進めているのが名古屋大学・環境医学研究所のグループです。彼らはさまざまな遺伝子改変マウスを作成して研究して進めているのですが、なかでも光を使ってMCH神経だけを活性化したり抑制したりできる技術を開発することにより、MCH神経がレム睡眠とノンレム睡眠、両方の調節・制御に重要な役割を果たしていること明らかにしました(米国神経学会誌 2014年)。さらに最近、彼らはMCH神経の重要な機能のひとつとして、“レム睡眠中にみる夢の記憶の消去”があることを報告しています(サイエンス誌 2019年)。

ヒトは人生の約三分の一を睡眠に費やしています。1日8時間も寝ていないぞ!という方も少なくないでしょうけど、それでも幼少児から考えると、今までに少なく見積もっても通算20年以上は寝ていることになります。眠りにつくと、ますノンレム睡眠(脳も体も寝ている)から始まり、ついでレム睡眠(脳は活動していて、目は激しく動くが体は寝ている。この間夢を見ているとされる)に移行する、この約90分のサイクルを目覚めまで繰り返します。レム睡眠時の夢は悪夢も善夢も、目覚めたときにはほぼすべて忘れているのが普通です。

なんのためにヒトは眠りにつき、夢をみるのでしょうか。その答えは分かっていません。ですけど、たぶんそれは脳の機能を正常に維持するための重要なプロセス、あるいはメンテナンス作業ではないかと考えられています。そしてレム睡眠時のかなり荒唐無稽な夢は、その記憶を消去しておかないといけないのでしょう。そして夢の消去を担うのがMCH神経というわけです。MCH神経はいわば“忘却神経”ですね。この機能を「心的外傷後ストレス障害(PTSD)」の治療に応用できないか、という着想で研究も始まっているようです。そうなれば多くの人が救われると思いますので、うまくいくと良いですね。

「見ていたはずの夢は、いつも思い出せない」というのは最近大ヒットしたアニメ「君の名は。」(新海誠監督 2016年、なぜか語尾に“。”がある)の中のセリフです。これぞまさしく夢の消去です。一方、良く似た題名だけど私たちが生まれて間もない頃のラジオドラマ「(元祖)君の名は」では「忘却とは忘れ去ることなり。忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」というナレーションが一世を風靡したそうです。さすがに記憶はありません。

1970年11月25日、大学生だった私は、講義も早く終わって難波あたりをぶらついていました。その時、突然の号外で知ったあの事件・・・・・・作家三島由紀夫氏が自衛隊市ヶ谷駐屯地で人質をとって総監室占拠し、自衛隊員を前にアジ演説をしたあと割腹自殺を遂げました。三島氏は生前、このような言葉を残しています・・・・・・「人間に忘却と、それに伴う過去の美化がなかったら、人間はどうして生に耐えることができるだろう。」・・・・・・彼はその思想と行動の苛烈さとは裏腹に、人間の弱さもよく分かっていたはずなのに、どうしてあんなことを、と思わずにはいられません。あるいは彼は自らの悪夢を消去できなかったのでしょうか・・・・・・

このブログ、今年も読んで頂いてありがとうございました。少し早いのですが、メリー・クリスマス、そして良いお年を!おめでたい初夢が獏に喰われませんように。
ではまた来年・・・・・・See you next year, my friends!



posted by みみずく at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記